sudo のパスワードタイムアウトを設定

Linux

普段ユーザrootは使わないですよね。suでrootになるときにはrootのパスワードが必要になるわけですが、そもそもrootのパスワードを共有状態にするなんて、それこそセキュリティ的にどうなのよって話になるわけです。

そんな時にあらかじめ許可されたユーザであれば、そのユーザのパスワードでrootといった他のユーザの権限で実行できるのがsudoコマンドなわけです。

とはいうものの、度々パスワードを入力するのは煩雑に感じてきます。デフォルトでは5分間は再度パスワードの入力の必要はないのですが、5分なんてすぐに立ってしまいます。

パスワード入力の時間を設定するには以下の設定を行います。設定ファイルを直接操作するのではなく、visudoコマンドを使うようにします。visudoコマンドを使えば設定のチェックもおこなってくれるからです。もし設定が間違っていてsudoコマンドが使えなくなったらなんて考えたくもありません。

Defaults    timestamp_timeout=10

変更後に何かをrestartする必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました