Cisco Systems - NAT

CiscoのNAT設定 outside source static

前提条件 このページにはCiscoのNATに関する情報が書かれていますが、他の設定や表示内容については省略している部分があります。主に以下の通りです。 インタフェースにはno ip proxy-arpが設定されています。 記事内容と関...
Cisco Systems - NAT

CiscoのNAT タイマーの動作 timeout編

CiscoのNAT タイマーの動作 CiscoのNATには各種のタイマーが用意されています。そのタイマーがどのように動作するのか確認してみます。 timeout マニュアルによればoverloadではないダイナミックなNATへのタイマ...
Cisco Systems - NAT

CiscoのNATのタイマー

なぜタイマーが必要なのか NAT機能はNAT機能が動いている機器以外の通信状態を知ることができません。 一回限りの通信なのか、それともしばらく通信するデータグラムが無いだけで通信そのものは成立していないといけないのかを判断する基準がない...
Cisco Systems - NAT

CiscoのNAT設定 Inside Source List Pool

複数のIPアドレスを動的に割り当て変換する 例えば、組織内の複数のPCをNATする必要があるとき、NATのインターフェースのIPアドレスに集約できます。 しかし、機器に依存したNATのインタフェースでは無く、予め決めておいた複数もしくは...
Cisco Systems - NAT

CiscoのNAT設定 Inside Source List Interface

InsideのIPを1つにまとめる NATの使われている場面として一番多い使われ方です。 家庭内のPCやゲーム機がインターネットと通信するときに、PCやゲーム機のIPアドレスをインターネットのグローバルIPアドレスに変換します。 同じ...
Cisco Systems - NAT

CiscoのNAT設定 Inside Source Static

1対1のStatic NAT R1はNAT機能を用いてinside側の10.1.1.10のR10がoutside側の10.2.2.20のホストR20と通信するときに10.1.1.10ではなく10.2.2.30として見せかけます。 つまり、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました